Top >  毎日が気づき >  一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い

一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い

「何でそんな牌切るかな~」

「それ切るのだけは絶対無いよ。」


打牌批判、アガリ批判はフリー雀荘のマナーで禁止されています。


でもセットでは良く聞こえてくる会話ですよね。

フリーでも、軽い感じで疑問を投げかける人は結構いますね。


打牌批判をすることは、とても勇気のいることなんですよ。


だって、どうしてその牌を切ったのか、打ち手に理由を聞かないことには、
その打牌が正しいかどうか判断できないじゃないですか?

切る牌を選ぶための考えと打牌が矛盾しているようだったら、それは大いに責めて良し。

そこで初めて打牌批判するべきでしょう。


例えば、今週の近代麻雀(11月1日号)の巻頭カラーの東京六大学の記事。

大会参加者アンケートの「何を切る」にこんな問題があります。


南1局 北家 23000点 11順目 ドラ八筒

三萬三萬四萬三筒四筒六筒八筒二索二索四索五索六索六索 ツモ七筒


あなたは何を切りますか?


ここには、

三萬切り(手役重視派)…スピードは若干劣るものの345の三色が狙える打牌

六索切り(スピード派)…遊び牌がなく、もっともテンパイチャンスが広い打牌

とあります。


この三萬切りの解説はおかしくないですか?

ここから345の三色にするのは五萬五筒三索が必要なわけです。

でも先に五萬五筒を引いたら即リーチでしょ?

先に三索引いた場合だけ、345か234が狙えなくもないですけどね。


三萬四萬三筒四筒六筒七筒八筒二索三索四索五索六索六索


でもここでは234のケースも書いていない。

まあ結局メンタンピンドラ1であがりそうですけど。


それに六索切っても345の三色は狙えるんですよ。


三萬三萬四萬三筒四筒六筒七筒八筒二索二索四索五索六索


二萬三萬五萬二筒五筒二索ツモなら即リーチ。


三索ツモなら打六索で次に五筒五萬引きで345の三色になります。


三萬三萬四萬三筒四筒六筒七筒八筒二索二索三索四索五索


四萬で索子の三面待ちを残すのもありでしょう。


三萬三萬三筒四筒六筒七筒八筒二索三索四索五索六索六索



でもやっぱりこの手の本手はメンタンピンドラ1であり、三色はおまけにしか過ぎないと思いますね。

もちろん二索三萬ツモのフォローも入れて、目いっぱい構えますよ。


この条件しか提示されないのであれば、あえて三色を狙う必要もないですよね?

トップが何点か書いてないし。

しかも11順目ですよ。

三萬切ってる暇があるのでしょうか?


こんなもん問題になっていません。

というか別に問題にしてもいいんですが、三萬切りの解説だけは直してください。

とりあえずこの記事は誤植であることを祈ります(笑)


もしこれが実戦で、

「何で三萬切ったの?」

「345の三色が狙えるからです。」

と言われたら、上記の理由で、猛烈に打牌批判します。

もっと違う理由だったら全然構いませんけどね。



私は、「切った人の意見、考えも聞かずに打牌批判をすることほど恥ずかしい行為はない」と思っています。

その打ち手には、あなたには見えていないものが見えているのかもしれませんよ?

うかつに批判すると、あなたの底の浅さ、視野の狭さ、知識の無さを露呈することになり、なめられますよ?

どんな勝負事でも相手になめられたら勝ちにくいですよ。



だから私は必要なこと以外はしゃべらないです。

視野が狭いのばれるから(笑)


自分の考えだけが正しいと思い、それを押し付けようとする。

しかも大勢の前やネット上で批判するのはどうなんでしょうかね?


そんな私もこのブログでいろいろ書くことにより、あえて恥をかきにいっています。

こうやって頭の中を積極的に書き出すことによって、自分の考えを再確認している意味もあります。

ですから、皆さんがんがん批判してくださって結構ですよ(笑)



また、ある一部分だけきりとって、
「ああ、こいつはへたくそだな」と思わない方がいい
と思いますけどね。


例えば、あなたがホールにいます。

本走中のメンバーの後ろを通りがかったら、おかしな打牌選択をしていました。

それを見たあなたは、

「こいつはへたくそだな。」

「こいつは俺より格下だな。」

と思いますか?


もしかしたら、今日その人はものすごく体調がわるいのかもしれない(体調整えるのも仕事、能力ですが)

もしかしたら、その人はあなたには見えないものが見えているのかもしれない。



羽生だってイチローだってミスをするわけだ。


誰の目にも明らかな詰みを見逃した。

とんでもないタイムリーエラーをした。


その一瞬だけを見たら、羽生もイチローも凡人かもしれない。

でも彼らは、ものすごく実績のあるスーパースターです。

そんな彼らを、たった一つのミスで批判する人はいないでしょう?

長い目で見れば、ミスの一つや二つあるんですよ。

100%はまず不可能です。


それを、たまたま見た一回のミスで、その人の実力を評価する。

これほど恥ずかしい行為は無いと思いませんか?




☆人気blogランキングに参加中!今日もあなたの応援のツモをお願いします!☆

banner_03.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mj-promember.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/99

コメント

全体的な傾向として、ダブルスタンダードのような気が…

これって一方的な批判なのかなー?

>01さん

ダブルスタンダードという言葉を知らなかったので、Wikiで調べてみました。

「ダブルスタンダード
英語の double standard 本音と建前など、意見・立場の二重性などを指摘する言葉に使われることが多い。」

んー。頭悪いので良くわかりません(笑)

一応、「他人の意見を聞かない時点での批判」「自分の意見だけが正しく、それを押し付ける」ことを「一方的」と表現しましたが、これがちょっとピントがずれてるってことですかね?

01さん、できればもう少しわかりやすくご説明ください。

>長い目で見れば、ミスの一つや二つあるんですよ。
その1つや2つをたまたま見ている時にやらかすのが「ヘタ」なんだと思いますよ。

その手牌で6索以外を切るのは残念ながらフォローのしようがないです。
極端な話、どんな追い込まれた状況でも「1+1=2」と答えられるような低レベルの問題だと思い、私は記事で批判した次第です。
自意識過剰かもしれませんが、その私の行為が「恥ずかしい行為」だと思われ不快感を与えてしまったのでしょうか?
私は上記のような主張なので謝りはしませんけどw

>いのけんさん

確かに、たまたま見たときにミスをしているなら、
結構な確率でミスをしている可能性はありますけどね。

でも1半荘、もしくは1回の打牌ぐらいで
その人の雀力ははかれないと思うんですけどね。

その瞬間では「へた」かもしれませんが、
トータルでは「うまい?」かもしれませんよ。


また、決していのけんさんの記事を見て、
このようなことを書いているわけではありません。

多少なりとも麻雀に携わっている方であれば、
この問題の意味のなさに気が付いていると思います。


そもそも、私はたった今、いのけんさんの記事を確認しました。

ただ、批判するなら、その理由も挙げていただきたかったですね。


そうしないと何切る問題の意味がないと思うのですよ。

「切る牌」と「なぜそれを切るのか」が1セットで、
そのつじつまが合って、初めて「答え」だと思うんです。

そのつじつまが合わないのなら、批判して良し。

それを言いたかっただけなんです。

こんな問題でも、何が正しいかわからない人は
たくさんいるんですから。


このケースで言うと、「3萬切り」の理由が「345の三色が狙えるから」ではおかしいわけですよ。

極端な話、理由が「3萬が嫌いだから」だったら全然いいですよ。


ただ少し誤解と不快感をあたえてしまったのは、
私の文章の拙さのせいです。
申し訳ありませんでした。

ちょっと攻撃的な文章にしすぎてしまいました。


でも、そのおかげでコメントいただけたのは
ちょっと嬉しかったりします(笑)

>全体的な傾向として、ダブルスタンダード(で結論が不在)のような気が…
>これって(僕の)一方的な批判なのかなー?

マニュアルだとしたらたらという前提ですが…

(ブログのurlを変換してたら送信されてしまいましたw)

別にこの記事がということではなくて。

>01さん

基本的に僕は断定することはしないようにしています。

「~で間違いない」
「~以外ない」

と言った表現はなるべく避けるようにしています。
(もしかしたら無意識に使っているかもしれませんが)

とくに麻雀においてはね。

だって見えないこと、理解できないことが多すぎますから。

僕程度の人間が断定することはできないかなと。

それに答えは一つではなく、いろんな意見があると思いますから。


ですから全体的に結論がないような表現に見えてしまうのかもしれません。

まあそれは僕の文章力の無さが原因ですので、今後改善していこうと思います。

貴重なご意見ありがとうございます。

コメントを投稿

         

毎日が気づき

雀荘勤めをしていると、毎日同じ場所で同じ仕事をしているはずなのに、全く新しい気づきが得られます。

それはまさしく、一生のうちで全く同じ配牌が二度と来ないことと同じではないでしょうか。

毎日毎日が似ているようでも、全く同じ日は来ないのです。

ここでは、私の日々の生活の中から、麻雀に関する気づきを公開していきます。

あなたもプロメンバーの思考を共有してみませんか?

関連エントリー

近代麻雀9月15日号より 麻雀における序盤、中盤、終盤の意味とは? 麻雀プロの意識 天和をあがった時のリアクション 実は2センチ ペンカンタンキ? 一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い この一年分の成績 「ラストでーす。早よせい。」 メルマガ発行決定! メルマガの目次 アモスアルティマ アモスアルティマ2 萩原聖人の「一打」 何を切る~日本麻雀機構のクイズより 元気ですよ~ プロメンバーの去年の麻雀の控除率 「決め事」と「素直さ」 ヒサトノート 出し惜しみ 春を先ヅモ! mixiで牌譜を公開しています 「最強メンバー勝利の決め手」 求人広告 東大を出たけれど とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。 とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。その2 麻雀には控除率の概念がない!? 「何を切る」答えの先にあるもの 牌譜間違えすぎじゃね? とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその1 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその2 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその3 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその4 「何を切る」答えの先にあるもの~その2 第2回新宿決戦杯に参加してみました。 心のかたち、人のかたち、プロのカタチ 公開対局@天鳳の告知 「公開対局@天鳳」観戦レポート お知らせ 最期の和了 麻雀ラジオのゲスト 麻雀ラジオに出演してきました 第2回「公開対局@天鳳」 今年も大変お世話になりました 「麻雀フェスタ」オープンしました



プロフィール

・taroo

麻雀ポータルサイト「麻雀王国」で麻雀界の情報を配信中。

最新情報はこちらから

おすすめ

mjf-logo2.gif

新ブログです。最新情報はこちら


麻雀王国で働いてます


麻雀王国 雀荘検索


bnr_mjk-r200.gif

麻雀王国 求人検索

麻雀専門ニュース
麻雀ウォッチ




月別バックナンバー


最新のコメント

taroo:一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い (2006年10月06日 20:53)

01:一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い (2006年10月06日 20:41)

01:一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い (2006年10月06日 20:32)

taroo:一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い (2006年10月05日 16:29)

いのけん:一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い (2006年10月05日 12:55)

taroo:一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い (2006年10月05日 07:57)

01:一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い (2006年10月05日 02:37)




TOTAL
TODAY
YESTERDAY