Top >  毎日が気づき >  とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。その2

とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。その2

今日は昨日の続き。

とつげき東北さんの公開対局のレポートです。


1半荘目結果

吉田光太   +45.8
鈴木たろう  +22.1
市川裕樹   -16.1 
とつげき東北 -51.8


小休憩の後、2半荘目が開始。

まず場所替え。

公平を期すため、一回戦トップがラス親になるそうです。



東1局

東家 市川
南家 鈴木
西家 とつげき
北家 吉田


鈴木プロが八筒ポンしてピンズのホンイツ

吉田プロが5巡目リーチ

市川プロも追いかける。

吉田 1000-2000(リーチツモドラ1)



東2局

鈴木プロ、吉田プロの2人テンパイ

この局は色々検証されました。


吉田プロの

發鳴きの是非
ペン三索の是非
四筒切りの是非

が中心。

まぁ詳しくは牌譜が手に入ってからで。



東2局1本場

ドラ八索

とつげきさんが6巡目にタンヤオドラ3をリーチ(三萬六萬)。

ダマで満貫あるんですが、私はリーチかけないんじゃないかと思ってました。


「超・科学する麻雀」を読むと

「ダマで4ハン(マンガン)以上で、4~6巡目以降、他3人がカタイ(リーチされるとオリやすいタイプである)ときはダマが正解」

とあります。

この局のリーチ判断について聞きたかったのですがシャイな私はやっぱり聞けずw


とつげきさんが3000-6000は3100-6100(リーチツモタンヤオドラ3)



東3局

市川プロ・とつげきさんの2軒リーチをかわして吉田プロが400-700(中のみ)。



東4局

ドラ四萬

鈴木プロ10巡目リーチ(四索七索待ち567のメンピン三色)

とつげきさんも一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒三萬六萬七萬七萬という好形。

これはとつげきさんの押し引きが楽しみ。

裏筋の六筒一索を切って押します!

いいぞ!いいぞ!


そして市川プロ13巡目リーチ(五索八索

さらに楽しみw


とつげきさん、一発目に一枚切れの東をぷちゼンツ。

その後市川プロには通っていない六筒をツモってベタオリ。

でも九筒切ればもうちょっと頑張れたんですけどね。(九筒は現物)

鈴木プロも検証で指摘してましたが、細かいけどこれって結構大事だと思うんですけどね。

鈴木プロ、市川プロの2人テンパイ



南1局

ここからほとんどメモが書いていないです。

あいまいな記述になりますことをご了承ください。


なんでかっていうと立ちっぱなしで疲れたから。

それと女性に場所を譲って後方に下がったため(高感度アップ狙いw)

決して興味がなくなったわけではありません(笑)

後ろのほうでうだうだしてました。


とつげきさんが暗カンしてその後テンパイ。

八筒六索のバッタかカン七索の選択

でカン七索を選択し、打六索

これが鈴木プロに放銃。

打点不明。ごめんなさい。



南2局

何も書いてない。

ドラが三索

しいていえば、二萬三萬四萬五萬五萬七萬八萬三筒五筒七筒七筒三索四索四索

四索を切るのに長考してたことくらい。



南2局1本場

吉田プロ、市川プロの2軒リーチ。

市川プロがドラの一萬単騎を吉田プロからアガり、裏ドラも一萬

吉田→市川 8000は8300



南3局

ドラ六索

市川プロがリーチ。

頭をかかえるとつげきさん。

すでに2フーロしてるところから鈴木プロの六筒をチーして打四筒七索単騎

これを見て吉田プロが打七筒

これが鈴木プロのペン七筒に放銃

吉田→鈴木 3900(發ドラ2)


この局もかなり検証されました。

吉田プロの放銃は仕方ない感じ。


とつげきさんの打牌が少し影響を与えたようです。

詳しくは牌譜が手に入ってから。



南4局

東家 吉田    21200
南家 市川    28800
西家 鈴木    37600
北家 とつげき  32400


一半荘目のポイントは

吉田   +45.8
鈴木   +22.1
市川   -16.1 
とつげき -51.8


これを踏まえた条件は

鈴木プロがアガリトップ

市川プロが鈴木プロから6400直撃

吉田プロがとりあえず連荘。アガリやめなしなのでアガリ続けるしかない。

とつげきさんがダブル役満


ダブル役満って・・・(笑)

まぁルールもそんなに細かく設定されてたわけではないようなので、ダブル役満ありという流れに。

しかし本人は結構こだわって聞いてました。

多分ちょっとトイツ手の配牌がきたので四暗刻単騎がダブルになるかとかそんな感じ。

やっぱりとつげきさんも勝ちたいんだなぁと思いました。


とはいえほぼ目無しです。

こういうとき、とつげきさんがどのように打つのか聞いてみたかったんですが、やっぱり聞けずw


吉田プロが10巡目リーチ

吉田、市川の2人テンパイで流局



南4局1本場

テンパイ料で条件が若干変化。

市川プロが5200直撃か三倍満出アガリ。


市川プロが暗カン。

吉田プロがリーチ。

ツモって2100オール(リーチツモ南)



南4局2本場

東家 吉田    29000
南家 市川    28200
西家 鈴木    34000
北家 とつげき  28800


ドラ七筒

鈴木プロがアガリトップで自風の西を加カン

おそらくスピード重視で。

これも聞こうと思ったんですが、性格を直して出直してきます(笑)

新ドラ二萬

9巡目、吉田プロがリーチ。

これで3連続リーチ。

そして一発ツモ。

6000は6200オール(メンピン一発ツモドラ2)


つ、つえぇ!

オーラス、しかも親でちゃんと手が入るところが本当に強いな、と思いました。



南4局3本場

東家 吉田    47600
南家 市川    22000
西家 鈴木    27800
北家 とつげき  22600


全局のアガリでほぼ勝負は決まり。

鈴木プロが最後のツモでテンパイ。

中東バッタでメンホン。

ツモ番なしで笑いながらリーチ。


吉田プロは切り間違えなければ優勝です。

鈴木プロの一人テンパイで流局。



というわけで最終結果。

優勝 吉田光太プロ
2位 鈴木たろうプロ
3位 市川裕樹プロ
4位 とつげき東北さん


優勝した吉田プロは2半荘ともオーラスで見事な逆転!

勝負強さが光りました。


2位の鈴木プロも終始安定していました。

検証での場況読みは素晴らしい。

とても参考になりました。


3位の市川プロは攻めまくりましたが、今一歩でした。

かみ合えば優勝してもおかしくありませんでしたね。


4位のとつげきさんは、緊張から持ち味を出せませんでしたね。

2半荘目は緊張もほぐれて落ち着いて打っていたように思います。


しかし、リアルの麻雀打ちとしては評価を下げました。

ただ、私はとつげきさんは麻雀の研究者だと思っておりますので、その評価は変わりません。

麻雀界に革命を与えた素晴らしい研究者であると思っています。


しかし著者のとつげきさんが”ノータイム”で「科学する麻雀」に忠実に打つことができない。

リアルの麻雀で実践することができないとなると・・・

「科学する麻雀」は「麻雀の戦術書」というよりは「ネット麻雀の戦術書」としたほうが良いのかもしれませんね。



私も最近ネット麻雀(天鳳)をやっているのです。

そしてリアルではほとんど打っていません。
(実は今メンバーは休業中ですw)


そういう状態でリアルで打つとやはり感覚がずれます。

まぁすぐに感覚は戻りますけど。


私は今までリアルとネットはそんなに変わらないと思っていたんですけどね。

(とつげきさんの対局も踏まえて)結構違うんじゃないかと思ってきました。


リアル→ネットはすぐに対応できますが、ネット→リアルはかなり経験が必要かなと思います。

とつげきさんが同じ形でリベンジするのは、リアル麻雀で相当な修行が必要だと思います。


私はこのメンバーでもう一回対局して欲しいです。

舞台はもちろん東風荘。

とつげきさんのホームで是非もう一度見たいのです。

感想戦もチャットでやりましょう!

とつげきさんもこのままでは終われないでしょうし、もっと彼の言葉が聞きたいのです。


とはいえ、今回の趣旨が別に「とつげき東北vsプロ」というわけでもなく、むしろ麻雀ファンにプロの麻雀、プロの考え方をアピールすることだったように思われます。

ですから、同じようなリアルの公開対局が行われることはあっても、ネット麻雀の対戦はおそらく実現しないのではないか、と思います。


もしまたこのような機会がありましたらレポートいたします。

このレポートで出禁にならなきゃね(笑)



私は初めてプロの麻雀を観戦したんです。

麻雀ってつくづく観戦に向かないなぁ、と思いました。


今回の対局は12時開始で、感想戦は17時に終了しました。

その間私はずっと立ちっぱなしでした。

何度か休憩はあったんですが、人数分の椅子があるわけでもないので。


女性は大変だなぁ、と思いました。

背が低いので前に行かないと見れないし、ヒールなんかで立ちっぱなしはつらいでしょう。


観戦者50人でぎりぎりの人数ですかね。

それ以上は麻雀の内容は見えないです。

別会場でモニター越しに・・・という感じじゃないと大人数は観戦できないですね。

私が2半荘目のメモをほとんど書いてないのも、立ちっぱなしで疲れたのと後方にいて見えないのが理由です。


そして採譜も人間の手で行われ、整理するのに時間もかかる。

こんなときネット麻雀の牌譜再生機能が欲しくなります。


というわけで、プロのタイトル戦で一つくらいネット麻雀でやったらどうなの?なんて思ってしまいます。

ネット麻雀ならば、お客様も自宅で酒でも飲みながら観戦できますよ。

立ちっぱなしで疲れるなんてこともない!

全国どこにいても見れるわけだから観戦料もかなり取れるんじゃないですかねぇ。



あと、運営に関して。

1000円といえど観戦料をとっている、ということを忘れないでいただきたいかなと。
(私個人的には安いと思っています。それ以上に得るものが多かったので)

観戦者はお客様だということ。

会場にいた協会プロは主催者側の人間であるということ。


多分私のように初めてプロの対局を見に来たお客様はいっぱいいたと思います。

彼らが私のようにまた見に来たいって思ったかどうかはわかりません。



最後に対局者の皆様、スタッフの皆様、観戦者の皆様、お疲れ様でした!

私のメモが中心のあいまいなレポートで本当に申し訳ありません。

間違いなどご指摘いただければ幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。



☆人気blogランキングに参加しています!あなたの応援のクリックをお願いします!☆

banner_03.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mj-promember.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/236

コメント

レポート楽しく読ませていただきました。

ほぼ同意です。
今回は研究会という形だったのですが、周りはプロ対凸、ネット雀士対リアル雀士という構図で見ていたみたいですね。

それで結果だけを見て、ネットはリアルには劣っていて、凸の理論は間違っているといった短絡的な考え方をしている人もちらほら。
(まあほとんどはアンチ凸だと思いますがw)

プロの観戦についても、いろいろ問題点が残りますね。今回のようなことは以前から言われていることなので、早急にネット対応、観戦対応をしてもらいたいものです。

>理想雀士さん

ありがとうございます。

この対局を楽しみにしていたが、見に来れなかった地方の方のために、ひとまずレポートを書こうと思ってました。
しかし牌譜が無いためにあいまいなレポートになってしまい申し訳ないです。
牌譜が届き次第、また検証してみたいと思います。


協会もとつげきさん側も「研究会」だということを開催前には公にしていませんでした。
(HPを見ても特に書いてません)

プロ側の目的はプロの考え、プロの麻雀を一般のお客様に見てもらうこと。

おそらくプロの名前だけではお客様は呼べなかったので、「とつげき東北」というネームバリューを利用したのではないかと。

「とつげきVSプロ」「ネット雀士VSリアル雀士」という名目で。

とつげきさん側もプロの意見が聞け、貴重なデータ収集の機会が得られるので、対局に応じたのではないかと。

そして各々の目論見どおりに事は運び、イベントは大成功に終わったと。

そう推測しております。


観戦については、何かいい案があればいいんですが。
あれでは、「また見に行こう」と思う人がなかなか増えていかない気がします。

 対局レポート、お疲れ様でした。興味深く読まさせていただきました。
 凸氏については、正直、期待外れ、との感はありますが、何もリアルでまで強い必要はないわけで、この結果によって、「科学する麻雀」の価値が下がるわけでもありませんね。
 個人的には、ぜひとも早く、牌譜を見たいです。よろしくお願いします。

*だけど、長考する(=相手三人のことを考えない=マナーが悪い)奴とは打ちたくないなぁ、と思ってしまった(笑)。

>百貫雀さん

ありがとうございます。

まぁ普段?はあんなにゆっくりは打っていないとは思いますが。
研究会ということですので、プロもたまに長考してましたよ。
とりあえずマナーより牌譜を重視した結果かと。

率直レポートがすごくわかりやすく、楽しく読ませていただきました。

>リアル→ネットはすぐに対応できるけど、ネット→リアルはかなり経験が必要

これは本当にそう思います。
リアル→ネットも、年配プロなど見ていると、かなりの時間を必要とするみたいですよ。

これまで、ネットで強くなったという人の話を何人か聞いたことがあるんですが、全員もともとリアル麻雀を相当やってた人がネットにハマったケースだったんですね。純粋なネット雀士がリアル麻雀に対応するのは、かなり厳しいと思います。
ぼくなどは、違うインターフェイスのネット麻雀(東風荘→ハンゲとか)に対応するだけでもかなり大変で、インターフェイスって根本的な問題だと思います。

リアル麻雀の実力って、たぶん半分くらいは「作業力」なんですね。

学生時代に打ちまくってた人が、社会人になって久しぶりに打ったらからっきしというケースを何度も見ています。それはゲームそれ自体よりも、作業の部分が大きいんじゃないかなと。日頃から慣れてないと実力を発揮できない点で、麻雀って敷居が高いゲームだなーと思いますね。

>福地さん

コメントありがとうございます。

パソコンに疎い年配プロの方にとってはネット麻雀は敷居が高いでしょうね。
あと、年配プロの方には直感的な拒否反応があるんじゃないかな、なんて思います。
「こんなもの麻雀じゃねぇ」
みたいな。
それがネットに慣れる時間に影響を与えていると。
あくまで推測ですが・・・。


>リアル麻雀の実力って、たぶん半分くらいは「作業力」なんですね。

「作業力」!なるほど!
まさにおっしゃる通りだと思います。

とつげきさんが対局前からしっかりと調整麻雀をしていてくれれば、過去の感覚を取り戻し、もっと面白い勝負が見れたかもしれませんね。

コメントを投稿

         

毎日が気づき

雀荘勤めをしていると、毎日同じ場所で同じ仕事をしているはずなのに、全く新しい気づきが得られます。

それはまさしく、一生のうちで全く同じ配牌が二度と来ないことと同じではないでしょうか。

毎日毎日が似ているようでも、全く同じ日は来ないのです。

ここでは、私の日々の生活の中から、麻雀に関する気づきを公開していきます。

あなたもプロメンバーの思考を共有してみませんか?

関連エントリー

近代麻雀9月15日号より 麻雀における序盤、中盤、終盤の意味とは? 麻雀プロの意識 天和をあがった時のリアクション 実は2センチ ペンカンタンキ? 一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い この一年分の成績 「ラストでーす。早よせい。」 メルマガ発行決定! メルマガの目次 アモスアルティマ アモスアルティマ2 萩原聖人の「一打」 何を切る~日本麻雀機構のクイズより 元気ですよ~ プロメンバーの去年の麻雀の控除率 「決め事」と「素直さ」 ヒサトノート 出し惜しみ 春を先ヅモ! mixiで牌譜を公開しています 「最強メンバー勝利の決め手」 求人広告 東大を出たけれど とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。 とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。その2 麻雀には控除率の概念がない!? 「何を切る」答えの先にあるもの 牌譜間違えすぎじゃね? とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその1 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその2 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその3 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその4 「何を切る」答えの先にあるもの~その2 第2回新宿決戦杯に参加してみました。 心のかたち、人のかたち、プロのカタチ 公開対局@天鳳の告知 「公開対局@天鳳」観戦レポート お知らせ 最期の和了 麻雀ラジオのゲスト 麻雀ラジオに出演してきました 第2回「公開対局@天鳳」 今年も大変お世話になりました 「麻雀フェスタ」オープンしました



プロフィール

・taroo

麻雀ポータルサイト「麻雀王国」で麻雀界の情報を配信中。

最新情報はこちらから

おすすめ

mjf-logo2.gif

新ブログです。最新情報はこちら


麻雀王国で働いてます


麻雀王国 雀荘検索


bnr_mjk-r200.gif

麻雀王国 求人検索

麻雀専門ニュース
麻雀ウォッチ




月別バックナンバー





TOTAL
TODAY
YESTERDAY