Top >  毎日が気づき >  麻雀には控除率の概念がない!?

麻雀には控除率の概念がない!?

以前、「これだけは知っておきたいフリー雀荘のシステム」という記事において「控除率」の話を書きました。

ギャンブルにおける「控除率」というのは、「ある賭けにたいしてどれだけの手数料をとられるかを示す割合」のこと。

麻雀で言えば、場代(ゲーム代)が占める割合はいくらか?ということです。


そこで私は麻雀の控除率を計算しようとしてあれこれやっていたんです。

そして(計算方法がよくわからなくなりw)

(フリー)麻雀は控除率が高い」すなわち「現在のフリー麻雀のシステムでお金を儲けることはかなり難しい

と書きました。


ある日、iosanという方からこんなメールをいただいたのです。


『ゲーム代や給料のことが書かれていた部分なんですが、少々数学用語の間違いがございましたので、失礼を承知でお伝え致します。

「期待値」という概念ですが、これは%ではございません。
tarooさんのおっしゃっている「期待値」を正しく言うと「還元率」になります。
「期待値」とは絶対値のことであって、比率ではございません。つまり、「期待値は127円」という言い方になります。

些細な違いに思えるかもしれませんが、出版されるのでしたら、こういった細かいことも重要かと。
日本人の多くの方は「期待値」と「還元率」を混同しているようなんですが、そのほとんどの方達が谷岡一郎の「ツキの法則」に触れているので、恐らくこの本ではそういう使い方をしているのですね・・・誤った使い方ですが。』


ハッと思い、「ツキの法則」を開いてみると、確かに「期待値(%)⇔控除率(%)」なる記述があります。


さらにiosanから


『麻雀にはひょっとしたら控除率という概念は当てはまらないのでは?
雀荘は1ゲーム何円というように定額で場代を回収します。
控除率というのは、あくまで「自分の投資する金額(賭け金)」と「胴元が回収する金額」の比率です。
つまり、多く賭ければそれだけテラ銭を取られるということです。

結果的にゲーム代はレートとある程度比例しますし、自分の平均的な麻雀の収支の何割がゲーム代に費やされているかの計算はできます。
が、麻雀は純粋なベッティングゲームではないため、「自分がいくら賭けたか」という概念もないですし、よってそれとゲーム代の比率も存在しません。

つまりは、おそらく控除率というのはプレイヤー対胴元のギャンブルにのみ於いて存在する概念ですね。ちなみにポーカーも対人戦ですので、「控除率」という考え方はありません。
あえて計算するなら、「技量」という変数を除いて考えて、半荘の最大負け金額を「自分の投資する金額」だと捉えればいいかと思います。
例えば箱下無しのウマ1-2の点5だったら最低スコアは-50ですから、2500円になります。
ゲーム代が300円だったら控除率は12%になりますね。』


さらに、


『これは、無理矢理ほかの(控除率が計算できる)ゲームと比較するために提案した計算例ですが、やはり麻雀のテラ銭は「率」ではなく「定額」なので、別の比較方法がいいかもしれません。
そうすると、麻雀は一半荘いくら、という風なので、「時間」の要素が出てきます。
あと、やはりウマやオカを関係なしに、その人の通算成績の平均を取って比較した方が意味があります。

例えば、ブラックジャックと比較するとします。
仮にBJの控除率が1%だとして(ルールによって変動します)、まずは毎回いくら賭けるかを決めます。
100円だとしましょう。
平均的に見ると100円賭ける度に1円の損失です。
もし、1ハンドが30秒かかるとしますと、40分で80ハンドプレイできます。
つまり、平均的には40分で80円の損失です。

では、Aさんの麻雀の成績が平均的には一半荘で+5だとします。
ゲーム代300円の点5で打ちます。
そうすると、平均して、一半荘で50円の損失です。
平均的に見ると、一半荘は40分かかると仮定します。

ここで比較すると、BJは40分で80円の損失に対し、麻雀は50円の損失です。
この例に於いて言えば、Aさんは麻雀をやった方が「金銭的に有意義」ということが言えます。
(ちなみにこの損失金額が[マイナスの]期待値です)

ご覧になってお分かりかと思いますが、麻雀の話には控除率の話は出てきてません。
が、平均的成績を基準に考えてこういった比べ方をするほうがいいような気がします。
まあ、どうせ(全てでなければ)ほとんどのギャンブルゲームは期待値がマイナスなので(期待値は絶対値なので+-で言えます)、控除率がコンマ数%違っても必ずしも少ない方がいいとは言えませんね。
ゲーム自体の面白さ、興奮度、または上記のように一回の賭けでどれだけの時間楽しめるかというのもあります。
BJなら30秒で終わりますが、ルーレットなら玉がコロコロ回る間は楽しめます。(最初から負けることがわかっているのですから、できるだけ長く楽しもうとするのも一つの考え方です)
標準偏差による勝ち負けの波の激しさも考慮するべきです。

ただ、控除率に2%以上の違いがあると、個人的には控除率を基準にゲーム選択を行うべきだと感じます。』


これは私だけが知っておくより、あなたにもぜひとも読んでいただきたかったので、iosanに許可をいただきまして掲載いたしました。
(iosan、ありがとうございます。
iosanのブログ「オンラインポーカーでセミプロを目指せ!!
是非ご覧ください。)




麻雀には控除率という概念が無い

まさに目から鱗が落ちました。

ギャンブルならば必ず控除率があると考え、特に何も考えずに計算しようとしていました。

同じ対人戦であるポーカーに控除率の概念が無いことにもっと早く気づくべきでした。


場代(ゲーム代)の重要性を訴えるために、他のギャンブルと比較するのに控除率という概念を用いようとしたのですが、まさか「控除率という概念が無い」とは。


というわけで、該当するブログ記事を若干修正させていただきましたのでよろしくお願い致します。

「期待値」を「還元率」に修正しました。


あ、それでも場代(ゲーム代)の重要性は変わりませんので、そこは頭に入れておいてくださいね。




☆人気blogランキングに参加しています!あなたの応援のクリックをお願いします!☆

banner_03.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mj-promember.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/240

コメント

別に控除されてない訳ではありませんので、『正確な%はわからない』ということで良いのでは?

逆に、概算でよければ控除率は求まると言えるのではないでしょうか。

例えば、ピンの1-3で場代500円を以下のような配当のギャンブルであると仮定します。(だいたいこんなもんでしょ?)

1位+6000円
2位±0円
3位-2000円
4位-6000円
場代+2000円

これは6000円前出しとイコールですので、500円の控除で控除率は約8%になりますね。

実際の麻雀では多少の振れ幅がある(動くお金が大きくなるほど控除率は小さくなる)でしょうから、6~10%くらいというところでしょうか。

>01さん

そうですね。
確かにゲーム代として控除されていますので、あえて計算するなら・・・ということで良いと思います。

こんにちは!先日申し上げましたように、この記事にトラックバックしたかったのですが、設定の問題なのか、うまくできませんでした。tarooさんはトラックバックの禁止設定などは行っておりませんよね?なので、直接こちらのページにリンクを張りましたがよかったでしょうか?

>iosan

リンクやトラックバックはご自由にどうぞ!
ありがとうございます。

あまりにも迷惑コメントが多すぎて、ちょっと禁止設定してました。
そんなわけで最近は承認しないとすぐにコメントが載らない状態でした。
(コメントにURLを張ると引っかかる設定です)

先ほど設定を緩くしましたので、これからは承認なしですぐに載ると思います。
トラックバックも多分w

はじめまして。
iosanさんのブログから飛んできました。

プロ・ギャンブラーを目指して?
10年にもなってしまいました。
ブラックジャックのプロを卒業した時、プロ雀師を目指すか、本気で考えてました。
そのとき、今回の質問の答えとかが一切見えませんでした。
なので、こちらのブログは楽しかったです。
ありがとうございます。

さらにいえば「毎日がきづき」に同感です。
毎日、勝負し、そこでなにかを得れるかが、来月の結果に反映すると考えてます。
「気付けなかった日は「負け」」と考えて僕もガンバってます。

みなさま、グッドラックで!!

>ノブキさん

コメントありがとうございます。
気づいただけでなく、さらにそれを実践できれば完璧ですね。
グッドラック!!

 早速こちらも見させていただきました。
 う~ん・・・。色々意見があるようですが、要するに・・・
「ゴチャゴチャ言わんと勝ちゃえぇねん!」
ということでしょうかねぇ(笑)。
 数字に疎い僕としては、「控除率の概念は無い」という事で諒解しておこうと思います。

 それと別件でご意見を伺いたいのです。
 僕のブログではパチンコや麻雀(主に戦績)に関する記事をたまに取り上げてたんですが、先日知人から「麻雀戦績はギャンブルだから、いくらネットでも足がつくと危険(検挙される可能性がある)だよ」と削除することを勧められ、一旦非公開にしたんですが、tarooさんはその辺どうお考えですか?僕的には「絶対安心」とは思いませんが「まぁ99%大丈夫だろ・・・」と思ってたんですが。

P.S.

 とても面白いブログ内容なので、11/5のiosanへのコメントに肖り当ブログでもリンクさせて頂きますね。
 下らないブログですが、宜しければたまに覗いてやってください・・・。

>あきらさん

「一般的なフリー麻雀は控除率が高い=ゲーム代以上に勝つことは難しい」
ということが理解できていれば良いと思います。

パチンコや麻雀の成績を公開して検挙されたという話は聞いたことがないので何とも言えませんが、自己責任でお願いします。

コメントを投稿

         

毎日が気づき

雀荘勤めをしていると、毎日同じ場所で同じ仕事をしているはずなのに、全く新しい気づきが得られます。

それはまさしく、一生のうちで全く同じ配牌が二度と来ないことと同じではないでしょうか。

毎日毎日が似ているようでも、全く同じ日は来ないのです。

ここでは、私の日々の生活の中から、麻雀に関する気づきを公開していきます。

あなたもプロメンバーの思考を共有してみませんか?

関連エントリー

近代麻雀9月15日号より 麻雀における序盤、中盤、終盤の意味とは? 麻雀プロの意識 天和をあがった時のリアクション 実は2センチ ペンカンタンキ? 一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い この一年分の成績 「ラストでーす。早よせい。」 メルマガ発行決定! メルマガの目次 アモスアルティマ アモスアルティマ2 萩原聖人の「一打」 何を切る~日本麻雀機構のクイズより 元気ですよ~ プロメンバーの去年の麻雀の控除率 「決め事」と「素直さ」 ヒサトノート 出し惜しみ 春を先ヅモ! mixiで牌譜を公開しています 「最強メンバー勝利の決め手」 求人広告 東大を出たけれど とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。 とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。その2 麻雀には控除率の概念がない!? 「何を切る」答えの先にあるもの 牌譜間違えすぎじゃね? とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその1 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその2 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその3 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその4 「何を切る」答えの先にあるもの~その2 第2回新宿決戦杯に参加してみました。 心のかたち、人のかたち、プロのカタチ 公開対局@天鳳の告知 「公開対局@天鳳」観戦レポート お知らせ 最期の和了 麻雀ラジオのゲスト 麻雀ラジオに出演してきました 第2回「公開対局@天鳳」 今年も大変お世話になりました 「麻雀フェスタ」オープンしました



プロフィール

・taroo

麻雀ポータルサイト「麻雀王国」で麻雀界の情報を配信中。

最新情報はこちらから

おすすめ

mjf-logo2.gif

新ブログです。最新情報はこちら


麻雀王国で働いてます


麻雀王国 雀荘検索


bnr_mjk-r200.gif

麻雀王国 求人検索

麻雀専門ニュース
麻雀ウォッチ




月別バックナンバー


最新のコメント

taroo:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年12月03日 18:50)

あきら:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年12月02日 14:55)

taroo:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年11月07日 17:07)

ギャンブラー ノブキ:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年11月07日 15:43)

taroo:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年11月05日 18:03)

iosan:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年11月05日 16:56)

taroo:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年11月02日 18:44)

01:麻雀には控除率の概念がない!? (2007年11月01日 23:35)




TOTAL
TODAY
YESTERDAY