Top >  毎日が気づき >  とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその4

とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその4

昨日までの続き。

2半荘目も南入しました。

なんとこの南場だけで8局もあります。


南1局 (検証無し)

ドラ四筒


4巡目に白をポンした鈴木プロが8巡目にテンパイ

四萬五萬六萬五筒五筒七索七索八索八索九索 白白白横


同巡、とつげきさんが八萬を暗カン。

新ドラ五筒

そして次巡テンパイ

三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒六索六索八索 裏八萬八萬裏 ツモ二筒

ここから六索を切ってリーチをかけるもこれが鈴木プロに当たり。


カンドラが頭で乗り、トップ目からデバサイで、リーチ棒2本のおまけつきと至れり尽くせりのアガリ。


とつげき→鈴木 3900は4500(白ドラ2)



南2局 (検証あり)

ドラ三索


7巡目、とつげきさん

二萬三萬四萬五萬五萬七萬八萬三筒五筒七筒七筒三索四索 ツモ四萬 打三筒


私なら二萬を切ってもうちょっと345の三色を追うと思います。

とつげきさんは点棒必要ですからね。


吉田プロが7巡目に

二萬二萬五萬六萬四筒五筒六筒五索七索八索八索九索九索 ツモ三筒

ここから打五索


イーシャンテンを維持したんですが、いかんせんペン七索は厳しい。

場に1枚出てるので残り2枚。

四萬七萬が埋まってもテンパイとりたくないんですよね。

先に七索が埋まらないとメリットが無い。


ですから私ならここでは九索を切ります。

ドラが三索ですし五索は切りたくないですね。


そして次巡、裏目の六索をツモ。

二萬二萬五萬六萬三筒四筒五筒六筒七索八索八索九索九索 ツモ六索


私は最近「裏目を引いたときにどう対処するか?」という記事を書いたんです。(続きは近々書きます)

「何を切る」答えの先にあるもの

強者は裏目を引いたときの対処が的確だと思います。


このときの吉田プロは打三筒

五索を切ってピンズの伸びを期待していたのに、それを否定する打三筒はどうでしょうか?

ここでもやはり九索を切りますかね。

三筒四筒五筒が並んだ河が泣いています。


結局、鈴木プロの一人テンパイ

六萬七萬八萬九萬九萬二索三索四索六索八索 七筒横六筒八筒



南2局1本場 (検証なし)

ドラ一萬


10巡目、吉田プロがリーチ

一萬二萬三萬五萬六萬七萬五筒六筒三索四索五索中中

同巡、市川プロがドラ単騎で追っかけリーチ

一萬六萬七萬八萬一索二索三索四索五索六索六索七索八索


すでに安全牌を抱えて受け気味に打っていた鈴木プロが市川プロの宣言牌をチーして一発消し。


そして2巡後、吉田プロが一萬を掴んで市川プロのアガリ。

裏ドラも一萬で満貫。


吉田→市川 8000は8300



南3局 (検証あり)

ドラ六索


親のとつげきさんが

五萬四筒四筒五筒八筒一索二索三索七索東 南南横南 ツモ東 打五萬


これは検証でも指摘されていましたが、本来は五萬より先に八筒を打たなければならないところ。

しかしとつげきさんは次巡東をポンして打八筒


この手順だと、五萬より八筒が必要だった。

つまり七筒九筒を持っていると読めます。

(しかし実際にはとつげきさんの手順ミスなので持っていない)

この五萬八筒の切り順がプロの読みを狂わせます。


市川プロが9巡目にリーチ。

二萬三萬四萬七萬八萬九萬六筒七筒八筒五索七索九索九索 


同巡、鈴木プロもテンパイ

四萬五萬六萬七萬八萬九萬八筒九筒六索六索 發發發横


そして次巡、六筒をツモ切り。

これはとつげきさんの打牌も影響しているのでしょう。

八筒切りが光っているので九筒トイツをケアして六筒を切ります。


とつげきさんがこの六筒をチーして打四筒でテンパイ。

一索二索三索七索 六筒横四筒五筒 東横東東 南南横南


ここで吉田プロは3人に挟まれて手詰まり。

六筒の筋で九筒を打ちたいところですが、やはりとつげきさんの八筒が光っています。

そこで今通った四筒の筋で七筒を切りますが、これは鈴木プロに当たり。


とつげきさんのたった一つの切り順が大きく影響を与えた局でした。


吉田→鈴木 3900(發ドラ2)



南4局 (検証無し)

ドラ五索


オーラスを迎えて

東家 吉田    21200
南家 市川    28800
西家 鈴木    37600
北家 とつげき  32400


一半荘目のポイントは

吉田   +45.8
鈴木   +22.1
市川   -16.1 
とつげき -51.8


これを踏まえた条件は

鈴木プロがアガリトップ

市川プロが鈴木プロから6400直撃

吉田プロがとりあえず連荘。アガリやめなしなのでアガリ続けるしかない。

とつげきさんがダブル役満。


鈴木プロはとにかくスピード。

市川プロは鈴木プロから直撃できるような手を作らなければなりません。

吉田プロはテンパイしたらリーチをかけてプレッシャーを与えていきたいところ。

とつげきさんは・・・ダブル役満は非現実的で、正直どう打っていいかわからないところ。

私だったらはじめからベタオリしますけど。

オーラスのとつげきさんの打ち方を見る限り、「トータルトップ以外意味無し」というルールと「牌譜の検証」が合わないなと思いました。


鈴木プロが9巡目にテンパイ

三萬四萬五萬二索二索南南發發發 一萬一萬一萬横


10巡目に吉田プロがリーチ。

三萬三萬一筒三筒五筒六筒七筒一索二索三索六索七索八索

河は

七筒東北北三筒七筒
四萬五筒九萬一索横


鈴木プロが一発で引いたのはドラ五索

さすがに切れずに南打ってまわります。


2巡後、三索をツモってテンパイ復活するも、さらに三索をツモってギブアップ。


とりあえずテンパイを入れていた市川プロと吉田プロの2人テンパイで流局。



南4局1本場 (検証あり)

ドラ一筒


市川プロが東を暗カンして新ドラが八筒


吉田プロが9巡目にリーチ

七萬八萬九萬三筒三筒三筒四筒五筒五索六索南南南

13巡目にツモって2000オール(リーチツモ南)



南4局2本場 (検証無し)

ドラ七筒


3巡目に西をポンした鈴木プロが次巡西をツモって加カン!

三萬三萬三筒三筒五筒五筒五筒七筒七筒五索 西西横西 ツモ西

これは驚きました。

普通アガリトップではカンしないじゃないですか?

すでにイーシャンテンであるのと、1巡でも無駄にしないスピード重視でカンしたのだと思います。

また、アガリやめが無いのも影響しているかもしれません。


しかし、吉田プロはまず間違いなくリーチしてくるでしょう。

カンドラ、カン裏のリスクを考えるとどうなのでしょうか?


リンシャン牌のメリットとカンドラ、カン裏のリスクのバランスですね。

この辺は検証されていないのでわかりませんが、是非聞いてみたいところです。


注目のリンシャン牌は北でツモ切り。


結局10巡目に吉田プロがリーチして一発ツモ。

カン裏が乗って6000オールです。

三萬四萬四萬五萬五萬六萬二筒三筒六筒六筒七筒八筒九筒 ツモ四筒  ドラ七筒二萬 裏ドラ白三萬
    

吉田 6000は6200オール(リーチ一発ツモピンフドラ2) 


これが4000オールだったら・・・というのはやめておきましょう(笑)



南4局3本場 (検証無し)

ドラ北


前局でほぼ決着がついた格好。


最後のツモで鈴木プロがテンパイしてツモ番無しでリーチ。

三萬四萬五萬五萬六萬七萬七萬八萬九萬東東中中


吉田プロから中がでれば変わりますが、そんなわけもなく流局。


鈴木一人テンパイ



2半荘目結果

吉田   +46.6
鈴木   +9.8
とつげき -18.4
市川   -39.0


最終結果

吉田   +92.4
鈴木   +31.9
市川    -55.1
とつげき -70.2

というわけで吉田プロの優勝でした。



以上、牌譜を基にしたレポートになります。

ホント好き勝手に書かせていただきました。

もし間違い等あればご指摘ください。



対局を観戦し、検証でプロの意見を聞き、牌譜が送られてきて自分で検証してみると、やっぱり勉強になるなぁと思いました。

イベントに参加し(インプット)、こうやって記事にする(アウトプット)ことによって、さらに身につくのがよくわかります。

もしあなたがブログなどのメディア(SNSはダメ)をお持ちなら、ぜひともこのように情報発信することをおすすめします。

アウトプットすることにより、雀力アップすること間違いなしです。


情報が巡ることにより、もっともっと麻雀界が活性化するんじゃないかなぁ、と思ってやまないのです。

だからこのようなイベントがもっともっと開催され、また牌譜が手軽に手に入る環境が整えばいいなぁと思います。



☆人気blogランキングに参加しています!あなたの応援のクリックをお願いします!☆

banner_03.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mj-promember.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/256

         

毎日が気づき

雀荘勤めをしていると、毎日同じ場所で同じ仕事をしているはずなのに、全く新しい気づきが得られます。

それはまさしく、一生のうちで全く同じ配牌が二度と来ないことと同じではないでしょうか。

毎日毎日が似ているようでも、全く同じ日は来ないのです。

ここでは、私の日々の生活の中から、麻雀に関する気づきを公開していきます。

あなたもプロメンバーの思考を共有してみませんか?

関連エントリー

近代麻雀9月15日号より 麻雀における序盤、中盤、終盤の意味とは? 麻雀プロの意識 天和をあがった時のリアクション 実は2センチ ペンカンタンキ? 一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い この一年分の成績 「ラストでーす。早よせい。」 メルマガ発行決定! メルマガの目次 アモスアルティマ アモスアルティマ2 萩原聖人の「一打」 何を切る~日本麻雀機構のクイズより 元気ですよ~ プロメンバーの去年の麻雀の控除率 「決め事」と「素直さ」 ヒサトノート 出し惜しみ 春を先ヅモ! mixiで牌譜を公開しています 「最強メンバー勝利の決め手」 求人広告 東大を出たけれど とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。 とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。その2 麻雀には控除率の概念がない!? 「何を切る」答えの先にあるもの 牌譜間違えすぎじゃね? とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその1 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその2 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその3 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその4 「何を切る」答えの先にあるもの~その2 第2回新宿決戦杯に参加してみました。 心のかたち、人のかたち、プロのカタチ 公開対局@天鳳の告知 「公開対局@天鳳」観戦レポート お知らせ 最期の和了 麻雀ラジオのゲスト 麻雀ラジオに出演してきました 第2回「公開対局@天鳳」 今年も大変お世話になりました 「麻雀フェスタ」オープンしました



プロフィール

・taroo

麻雀ポータルサイト「麻雀王国」で麻雀界の情報を配信中。

最新情報はこちらから

おすすめ

mjf-logo2.gif

新ブログです。最新情報はこちら


麻雀王国で働いてます


麻雀王国 雀荘検索


bnr_mjk-r200.gif

麻雀王国 求人検索

麻雀専門ニュース
麻雀ウォッチ




月別バックナンバー


最新のコメント




TOTAL
TODAY
YESTERDAY