Top >  毎日が気づき >  最期の和了

最期の和了

21時30分をまわった。

終業まであと30分。

おそらくこれが最期の半荘になる。


今までいくつかの雀荘で働いてきた。

その都度こういう瞬間は迎えてきた。

その時は別にさしたる感情も抱かなかった。


しかし今回は本当にメンバーとして最期の半荘になる可能性が高い。

そう思うと何か込み上げてくるものが・・・




うーん、まったく無いや(笑)


お客様には辞めることを公言していない。

お客様にとってはいつもと変わらないただの一半荘にすぎない。

私が個人的な感情を表に出すわけにもいくまい。

気持ち的には桜井章一ばりの「ひとりだけの引退試合」だ。


下家の常連のおばあちゃんが「君はいい子だね。70年生きてるから狂いはないのよ。」なんて自分の目を指差しながら急に言う。

笑って「そんなことないですよ」と答えるのが精一杯だ。

今日に限ってそういうことを言うのも70年生きてきた勘なのだろう。




それにしても最期の半荘だというのに全く手も足も出ない。

所詮20年間負け続けの私などこんなものか。


迎えた南3局 ドラ六萬

東家 30500
南家 32700
西家 30700

北家の私は6100点持ちのラス目。
親番無しである。


この絶望的状況で10巡目にテンパイして即リーチ。

一筒二筒三筒五筒六筒七筒八筒九筒四萬五萬六萬八萬八萬  

しかしというか、やはりというか四筒七筒は自分から6枚見えている。

残りは四筒1枚、七筒1枚


安めの七筒ではアガらないつもりでいた。

ここで裏ドラが乗らなければ3900や1300-2600しかないアガリを拾うわけにはいかない。

オーラスが苦しくなるだけだ。


四筒出アガリならば裏1で12000。

しかし一人沈みの現状ならば、ツモって全員の点棒を減らしたいところだ。


心の中では力いっぱいツモるものの、むなしく最後のツモが過ぎた。

それならば親のテンパイに期待したいところだが、下家はベタオリでノーテン模様。


諦めたそのとき、テンパイを入れてリードを広げてオーラスを迎えたいトップ目の対面が、
下家の打牌を仕掛けて、私にもう一度ツモをまわしてくれた。

この対面の動きによって高め四筒をツモることができた。

裏ドラの願いは叶わなかったが3000-6000。

これでオーラスが面白くなった。



オーラス

私は西家で18100持ち

東家 29700(11600差)
南家 27700(9600差)
北家 24500(6400差)


前局の和了で満貫ツモでトップの位置まで来た。


8巡目

六萬七萬八萬五筒六筒八筒八筒四索六索六索七索八索九索 ツモ五索 ドラ北


九索を切ってリーチ。

ツモれば無条件3着浮上。

裏1でトップだ。


数巡後、対面から七筒が出る。

当然スルーする。


裏が乗ればラスから2着だ。

それはわかっている。

しかし裏が乗らなければラスだ。


それならばまず確実に3着に浮上でき、うまくいけばトップまでいくツモ和了に賭ける。

順位の変わらない和了はご法度だ。


「客打ちならロンだけどね」

こっそり頭の中では「ロン」発声している。


その日の対面の状態はすこぶる悪かった。

常連である対面は私との相性もすこぶる悪い。

裏が乗れば対面はトップからラスに落ちる。

そして前局の対面の動きによる私のアガリ。

奇しくも同じ四筒七筒待ちである。

アガるには充分過ぎる位のオカルト材料が揃っている。


オカルト的判断でなくとも、この後四筒七筒をツモって裏ドラがのってトップになる期待値と、今アガって裏ドラがのって2着になる期待値を比べたら、後者が勝るのではないか。

アガる人も多いであろう。


メンバーでも裏1枚までの条件なら順位が変わらなくてもアガッてもいいと思う。
(もちろん裏ドラに頼り切るのではなく、できるだけ自力で点数を作るべきであるが。)

しかしである。

トップ目を2着に叩き落とした上で、アガラスなどできるわけもあるまい。


そしてどんなに裏ドラの乗る可能性を感じても、何の証明もできない。

メンバーはオカルトを語るべきではないのだ。



すぐに四筒をツモった。

祈るようにめくった裏ドラ表示牌は六筒だった。



★ いつも読んでいただいてありがとうございます!
★ 1日1回、応援のクリックをお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング banner_03.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mj-promember.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/290

コメント

 そんなドラマみたいな話もあるんですね。
 お疲れ様でした。

>あきさん

ありがとうございます。
たまにはこういう話も書いてみたいなと思いまして。
ま、麻雀の内容はありがちな話ですけど。

面白い!お疲れ様でした!

お疲れ様でした。コメントは初ですがいつも仕事中に読ませてもらってるメンバーです。顔、思い出せますかね?このブログ、tarooさんには本当に感謝しています。新しいお仕事がんばってくださいね。

>タツゴリラさん

ありがとうございます。

>Tさん

思い出せますよー。
ありがとうございます。
また遊びに行きますね。

そのオチ、名作ですね(笑)

>とくとさん

名作だなんて、そんなw

コメントを投稿

         

毎日が気づき

雀荘勤めをしていると、毎日同じ場所で同じ仕事をしているはずなのに、全く新しい気づきが得られます。

それはまさしく、一生のうちで全く同じ配牌が二度と来ないことと同じではないでしょうか。

毎日毎日が似ているようでも、全く同じ日は来ないのです。

ここでは、私の日々の生活の中から、麻雀に関する気づきを公開していきます。

あなたもプロメンバーの思考を共有してみませんか?

関連エントリー

近代麻雀9月15日号より 麻雀における序盤、中盤、終盤の意味とは? 麻雀プロの意識 天和をあがった時のリアクション 実は2センチ ペンカンタンキ? 一方的な打牌批判ほど恥ずかしい行為は無い この一年分の成績 「ラストでーす。早よせい。」 メルマガ発行決定! メルマガの目次 アモスアルティマ アモスアルティマ2 萩原聖人の「一打」 何を切る~日本麻雀機構のクイズより 元気ですよ~ プロメンバーの去年の麻雀の控除率 「決め事」と「素直さ」 ヒサトノート 出し惜しみ 春を先ヅモ! mixiで牌譜を公開しています 「最強メンバー勝利の決め手」 求人広告 東大を出たけれど とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。 とつげき東北さんの公開対局に行ってきました。その2 麻雀には控除率の概念がない!? 「何を切る」答えの先にあるもの 牌譜間違えすぎじゃね? とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその1 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその2 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその3 とつげき東北さんの公開対局の詳細レポートその4 「何を切る」答えの先にあるもの~その2 第2回新宿決戦杯に参加してみました。 心のかたち、人のかたち、プロのカタチ 公開対局@天鳳の告知 「公開対局@天鳳」観戦レポート お知らせ 最期の和了 麻雀ラジオのゲスト 麻雀ラジオに出演してきました 第2回「公開対局@天鳳」 今年も大変お世話になりました 「麻雀フェスタ」オープンしました



プロフィール

・taroo

麻雀ポータルサイト「麻雀王国」で麻雀界の情報を配信中。

最新情報はこちらから

おすすめ

mjf-logo2.gif

新ブログです。最新情報はこちら


麻雀王国で働いてます


麻雀王国 雀荘検索


bnr_mjk-r200.gif

麻雀王国 求人検索

麻雀専門ニュース
麻雀ウォッチ




月別バックナンバー


最新のコメント

taroo:最期の和了 (2008年02月18日 02:00)

とくと:最期の和了 (2008年02月15日 16:15)

taroo:最期の和了 (2008年02月07日 01:51)

T:最期の和了 (2008年02月06日 00:43)

タツゴリラ:最期の和了 (2008年02月05日 00:42)

taroo:最期の和了 (2008年02月05日 00:39)

あき:最期の和了 (2008年02月04日 18:16)




TOTAL
TODAY
YESTERDAY